労働基準法に準拠した就業規則や給与規定労働基準法は、労働者が使用者に搾取されないよう労働者を守る法律として改正が繰り返されています。言い換えれば使用者にとっては労働基準法の改正はコストアップや管理実務などを増やす原因になります。しかし対応しなければ、違反で訴え…

Continus reading  

なぜ今、自分で老後に備える必要があるのか。現在、公的年金を受給できるのは65歳からですが、受給年齢を引き上げようという動きがでてきています。将来的には70歳またはそれ以上にならないと年金が貰えないなんてことも十分ありえます。また、少子高齢化が進んでいくことは確…

Continus reading  

不確定要素の多い老後対策に有効一般的に老後の生活を成り立たせるには、公的年金だけでは不十分だと言われています。基礎年金部分と報酬比例の厚生年金部分を合わせても、現役時の60%ぐらいの生活水準になるように設計されていて、医療費がいつかかるか分からない高齢者の生活…

Continus reading