相続の順番が変われば税額も変わる!相続税の注意点とは?

相続税の計算順序を確認する

遺産相続では誰がどの遺産を取得するかは重要な問題となりますが、遺産を取得する順番を考慮しなければ余計な相続税を負担する事があります。相続税の計算は、正の遺産から負の遺産を差し引いた遺産総額から、さらに基礎控除額を差し引いた残額に税率を掛けて求めます。そこで算出した税額は、取得した遺産の額に応じて各相続人に割り振られ、その税額から税額控除を差し引いた金額が納付税額となります。この税額控除は、取得する順番に大きく影響するため注意が必要です。

配偶者だけに相続させた場合

例えば、税額控除の一つに配偶者の税額軽減というものがあります。これは被相続人の配偶者が取得した遺産の額が、1億6千万円または法定相続分のいずれか高い方の金額までであれば相続税が非課税となる制度です。そのため、子供など配偶者以外の相続人が相続放棄をするなどして配偶者に遺産を集中させると、相続税は全く掛からないことになります。しかし、その配偶者が死亡して子供が相続する際には、集中させた多く遺産が再び相続税の対象となるため、遺産を集中させずに相続した時よりも相続税が高くなるケースがありますので注意が必要です。

孫や甥姪に相続させた場合

また、配偶者や一親等の親族(子供や両親)以外の者が負担する相続税は2割増しとなります。例えば、遺言で孫に遺産を残した場合、子供が相続してから孫が相続するという順番を飛ばす事になります。相続税の2割増しは、そうした過度な税金負担の回避を防ぐ目的があります。つまり、配偶者や一親等の親族以外の者に遺産を残す場合は、遺産が基礎控除の範囲内である場合や生前贈与などを活用した方が良いでしょう。なお、対象者が代襲相続人である場合は2割増しにはなりません。

相続税の相談を横浜で、24時間土日祝日関係なく相談を受け付けてくれるところがあります。駅前なので、アクセスの便も良く、経験とデータを元に何が必要かなどを的確に判断してくれます。

Releated Post