入念な生前対策を行って上手に節税しよう!

相続財産の大半を占める不動産

相続財産の中でも金額的な比重が大きく複雑で難解なのが実家や賃貸用の不動産です。不動産をどのように相続するか、あるいは売却処分するのか対策を怠ると損失を被ってしまうこともあるので注意しましょう。相続財産のおおよそ半分が不動産であることがほとんどですが、近年では二次相続の段階では、ほとんど現金が残っておらず不動産のみということもあります。不動産の相続税対策のベースとなるのは、税務上の評価額をいかに下げるかということに尽きるでしょう。特例を使って上手に節税することが大事ですよ。

評価額を下げる工夫をする

現金はそのままの額が相続税の評価額になりますが、アパートなどの賃貸用不動産は評価額を大幅に下げることができますよ。税務上の評価額というのは、自宅などの自用地、アパート等の賃貸建付け地、借地契約により他人に貸している貸宅地の順番で低くなっていきます。つまり、相続税の対策を行うのなら自宅や遊休地をアパートにしたり、他人に貸すほうが有効でしょう。ただし、アパート経営や借地契約にはリスクが当然ありますから、その土地によってベストな方法を見つけるにあたっては各専門家に相談することが大事ですよ。

資産の組み換えを行う

実際の資産価値の評価と税務上の評価は必ずしも一致せず、後者が思いのほか高いというケースが多々あります。それを逆手にとって資産の組み換えをすることで、かなり有効な相続対策ができるでしょう。たとえば、郊外の実家を一旦売却して、都心のアパートやマンションを購入することで税務上の評価を下げつつも実際には賃貸収入のある資産価値の高い不動産に資産を組み換えることができますよ。

相続税の税理士を埼玉で探すには、浦和や大宮といった大都市にでるのが良いでしょう。多くの税理士事務所が揃っており、最適な解への近道になるでしょう。

Releated Post