高卒認定との違いは?サポート校との違いも知っておこう!!

卒業すれば全日制同様の高卒資格が得られる

大学受験をするときには高卒資格が必要です。通常は高校を卒業しないと大学受験ができませんが、例外的にある試験に合格すると受けられるようになります。それが高卒認定試験です。大学受験だけでなく、高卒資格が必要な公務員試験や一般の会社などへの応募も可能とされています。ただ高卒認定はあくまでも認定であって高卒ではありません。学歴に高卒と書けません。通信制高校を卒業すると、全日制などの一般の高校の卒業と同様に高卒資格が得られます。当然学歴には高卒が書けます。大学受験や就職も高卒生として権利が得られます。高卒認定も通信制高校もあまり学校に行かずに取得できる資格ですが、実際にはそれなりに差があると言えるでしょう。

サポート校との違いを知っておく

全日制高校で学ぶ人は、卒業目的なら特に塾や予備校に通う必要はないでしょう。学校の授業を受けて、定期テストで合格点を取れば進級して卒業ができます。しかし通信制高校に通う人はなかなか単位の取得ができない人がいます。その人が利用する教育サービスにサポート校があります。通信制高校とサポート校の違いを知らない人がいるので内容を確認しておきましょう。通信制高校は文部省などが認定したれっきとした高校です。卒業すればもちろん高卒資格が得られます。サポート校は高校ではありません。通信制高校を利用する人や高卒認定の合格を目指す人が利用する教育サービスです。卒業などはなく、何らかの資格が得られるわけではありません。サポート校に近いサービスをする通信制高校はあります。

通信制高校を名古屋で選ぶ利点は、東海地方のあちこちから電車でアクセス可能なところです。登校しなくてはいけない日があっても、交通の便が良いとストレスが少なくなります。

Releated Post