労働基準法と就業規則の関係は?人件費を減らしたいときはどうする?

労働基準法に準拠した就業規則や給与規定

労働基準法は、労働者が使用者に搾取されないよう労働者を守る法律として改正が繰り返されています。言い換えれば使用者にとっては労働基準法の改正はコストアップや管理実務などを増やす原因になります。しかし対応しなければ、違反で訴えれる可能性があります。会社の経営者が労働基準法に精通するのは難しく、改正のたびに就業規則を変更するなどは大変かもしれません。社会保険労務士は、労働基準法に則した就業規則や給与規定の提案をしてくれます。会社の顧問として働く社会保険労務士は、顧問契約をしている会社の味方です。改正によって使用者が不利になったとしても、その中でコストが上がらない方法、管理がしやすくなる方法などを提案してくれます。

人件費を減らすための相談

会社には社員がいて、社員が働けば給与などの人件費を支払います。会社によって経費の中の人件費の割合は異なりますが、どの会社でも他の経費に比べて多めになっているかもしれません。どんどん増えれば経営を圧迫しますし、減らせればどんどん利益が出せるかもしれません。人件費を減らしたいなら、社会保険労務士に相談してみましょう。人件費には給料の他に福利厚生費や社会保険料などの法定福利費があります。社会保険料は会社も半額負担しないといけませんが、うまく調整をすれば合法的に減らせます。給料の計算方法も、固定的な部分を減らして変動的な部分を増やせば、人件費が変動費化されて経営を圧迫しなくなります。人件費を減らしつつ社員の士気を下げない方法なども教えてくれます。

社会保険労務士の就業規則は、企業の風土や課題を分析して作成するので、労務トラブル回避と同時に従業員のやる気向上ツールとしても活用可能です。

Releated Post