通信制高校に通うメリット・デメリットとは?

通信制高校に通うメリット

通信制高校に通うメリットは、自分のペースで勉強できることや費用が安く、働きながらでも通える点です。全日制や定時制の高校だと土日以外は毎日学校に通わなければなりませんが、通信制高校であれば、月に2~10回のスクーリングとレポート提出、試験のみで卒業することができます。それ以外の時間は生徒が自由に使っていいので、趣味を極めたりアルバイトをしてお金を貯めたりすることも可能です。勉強以外にもやりたいことがある人に通信制高校は最適であるといえます。他にも持病があって毎日学校に通うことができない人にも通信制高校は最適です。

費用の面を見ると、通信制高校は公立の場合3年間で10万円ほどの費用で済みます。私立の場合は年間で30万~90万円ほどかかってしまいますが、通信制高校はフルタイムで働きながらでも通うことができるので、金銭的な問題で全日制の高校に通えない人でも高校を卒業することができます。

通信制高校に通うデメリット

通信制高校に通うデメリットは、自分で勉強を進める必要があることと人との関りが少ないことです。全日制や定時制の高校は、学校のカリキュラム通りに勉強すれば卒業することができますが、通信制高校は基本的に自学自習なので、自分で勉強時間を確保し、自ら学習に取り組まなければなりません。したがって通信制高校は、何年も在籍している人や途中で辞めてしまう人が多いのです。

通信制高校は毎日通わなくてもいいことがメリットでもありますが、人との関りが少なくなるという点でデメリットになる場合もあります。クラスなどが決まっていない通信制高校では、友人を作る機会も少ない点もデメリットの一つでしょう。

通信制高校を埼玉で選ぶと、スクリーニングで登校が必要なときに便利です。埼玉なら交通の便が良いエリアなので通いやすいだけでなく、卒業後の就職先や進学先も沢山見つかります。

Releated Post