声優になりたかったら声優の専門学校に行きましょう

アニメで声優は声で演技をします

日本のアニメの実力は、世界から認められ世界中に日本のアニメのファンがいます。そこで、アニメには、とても大切な声の出演者である声優がいます。この声優に憧れる人がいて声優の専門学校があります。さて、同じ声優でも作品によって声を巧みに変えてアニメの登場人物らしい声を出している方もいます。あるアニメでは、優雅な生活を送る貴婦人の声を担当していましたが、違う作品では悪い女になり切り、同じ声優だと後から気付いて驚いたことがあります。これは、映画に出てくる俳優のことを考えればわかりやすいです。俳優の役が貧乏でうだつが上がらない生活をしていたら毎日元気に過ごすことはありません。毎日、仕事も半ばいい加減で酒に浸るような男性を描きます。声優では、演技ができない分声を使って登場人物の気持ちを上手に表現することが大切になります。

声優の専門学校で学ぶこと

声優の専門学校では、一人前の声優として活躍できるようにいろいろなプログラムが用意されています。中でも基本は発声練習でしょう。プロでも発声練習は欠かせませんからまして学生ですから、しっかりと声が出るように毎日練習するのです。発声練習は単調な練習ですが、1年間続けると声の調子が悪い日もあります。そんな日はどう発声するのかを考えるチャンスでもあるのです。プロの声優は、声の調子が良くなくてもアニメには声優として出演しています。プロと学生の差をよく考えることです。さて、セリフを読むとき、棒読みでは困ります。登場人物はこの時どんな気持ちでいたのかを考えてアニメの中で表現することです。それも早口なのかゆっくりなのか、大きな声か、小声かなどによって違います。

声優の専門学校では、発声練習やナレーション、漢字の読み書き、パントマイムなどの授業があり、声優として仕事をするうえで役立つ事柄を学ぶことができます。

Releated Post