コツを知れば上達もはやい!初心者向けイラストの描き方

まずはおおざっぱに描くことから!

イラスト初心者でなかなか上達しない人によく見られるのが、最初から丁寧に細かい部分まで描こうとすることです。それだと、全体が見えなくなってしまい、出来上がりのバランスがおかしくなってしまう場合が多いのです。また、細部に集中してしまうことで描こうとする範囲内に全体が入りきらなくなってしまったり、おかしな部分にも気付きにくくなったりします。これを解消するには、まずはおおざっぱな丸や四角を使って何をどこに配置するか決めることです。例えば人物だったら、頭を丸だけにして、腕や胴体なども楕円で時間をかけずにさっと描くことがコツです。そして全体的に見てバランスを整えます。背景も加えたかったら、大体の形を人物の周りにポンポンと適当な図形で置くイメージで描いていきます。そしてまた全体を見て、大きさなどのバランスを見ていきます。そこから細部を描いていけば、全体のバランスがおかしくなることもなく、初心者でも思い描いたものを簡単にイラストにすることが出来ます。

最終的には楽しく描けることが上達の秘訣

イラストが上手になりたくても、まったく上達しないと描くこと自体が楽しくなくなってしまったり、途中で挫折してしまったりすることもあるでしょう。しかし、簡単なコツをつかめば上達もはやくなり、こんな風に描きたかったとイメージするイラストが描けるようになります。そうすると描くことが楽しくなり、たくさん描くことでさらにイラストが上達していくことでしょう。中途半端に終わらせずに、どんなイラストになろうとも最後まで仕上げることを目標にすると、新しいイラストに挑戦するモチベーションアップにもなります。

イラストの講座は地域のカルチャーセンターなどで受講出来ます。自分好みのイラストを上手に描くためには自身の作風や個性を活かせる教え方が出来る講座を選ぶことが大切です。

Releated Post